チャンネル登録:

お話・読み聞かせ , , , ,

【絵本 読み聞かせ】うんち君とおならちゃん/ウンチとオナラの大切さが学べる読み聞かせ絵本

2020-1-22

あらすじ…

みんなに臭いとバカにされたうんちくんがしょんぼりしていると仲良しのオナラちゃんがやってきました。

うんち君が泣き出すとおならちゃんは自分もいつも同じことを言われていると言い出し…

どうしてうんち君もおならちゃんも人間にとって大切なのか学べます。

うんち君とおならちゃん

うんち君とおならちゃんはとっても仲良し。どうして仲良しかって?だって、うんち君もおならちゃんも、同じおしりから出てきたんですもの。生まれる前から一緒の二人はずっと仲良しなのです。

ある日うんち君はとってもションボリしていました。「どうしたの?」おならちゃんは心配そうに尋ねます。「あのね、みんなが僕を臭いって馬鹿にするんだ…」うんち君は泣き出してしまいました。

「あら、私もいつも言われてるわ。」おならちゃんはあっけらかんと言いました。「言われて悲しくないの?」うんち君は驚いた顔でおならちゃんを見つめました。

「悲しくなんてないわ。だって、私達、臭いじゃない。」「そうだけど…」うんち君はまたうつむいてしまいました。「でも、臭いのにはちゃんと理由があるでしょ?」「理由…?」

「そう、みんなの体の中のいらないもが私達になって、体の外にでるでしょ?臭い私やうんち君が体の中に残ったままだったら、みんなは病気になってしまうのよ。」

「体の中のいらないものだから、僕たちは臭いのか。いらないものから出来てるなんて、なんかちょっぴり悲しいや…」うんち君はまたションボリしてしまいました。

「私達はいらないものでできてるけど、私達がいるからみんな元気でいられるのよ。臭い私達って、なくてはならない、とっても大切なものなの!」

おならちゃんは得意げに言いました。それを聞いたうんち君、ちょっぴり臭いことを誇らしく思いました。「それにね…

うんちって、人間も動物も虫もするのよ。この世界にはいろいろなうんちが沢山あるの!ね?すごくない?」おならちゃんは目をキラキラ輝かせました。

うんち君は目の前で小さなアリがウンチをしているのを見て「たしかに…。なんか元気出た!ありがとうおならちゃん」うんち君がお礼をいうと、おならちゃんは嬉しそうに笑いました。

うんち君とおならちゃん、二人は臭いけど、いなくなったら困っちゃう。絶対に馬鹿にしてはいけない大切なふたりなのです。みんなは今日、うんち君とおならちゃんに出会えたかな?

おしまい

>>動画はこちら<<

この動画を友達にもシェアしよう!

この動画が気に入ったら「いいね!」しよう