チャンネル登録:

お話・読み聞かせ , , , ,

【絵本 読み聞かせ】僕もう寝るね(ボクもうねるね)/眠たいのを我慢してみんなのために頑張るボクの寝る前の話

2019-10-18

あらすじ…

眠たいボクが眠たいのを我慢して家族のお願いを聞いていくお話。

「ボク、もうねるね」言いかけると誰かに呼び止められるボク。みんなのために頑張ってようやく眠りにつこうとすると…。

人を思いやるって大切なんだなーと教えてもらえます。

 

僕もう寝るね

 

「ぼくもう寝るね…」言おうと思ったら、おばあちゃんが僕に手招きをした。「たくちゃん、肩、叩いてくれないかい?」僕は「いいよ。おばあちゃん、たくさん編み物してたもんね。」とおばあちゃんの肩を叩いた。

タントンタントン叩いていると、僕はどんどん眠たくなった。おばあちゃんは満足すると「ありがとう、たくちゃん、あー気持ちよかった。」嬉しそうに言った。僕もなんだか嬉しくなった。

「ぼくもう寝るね…」言おうと思ったら、今度はおじいちゃんが手招きをした。「たくちゃん、腰を揉んでくれんかのう。」僕は「いいよ。おじいちゃん、畑仕事大変だったもんね。」とおじいちゃんの腰を揉んだ。

モミモミ腰を揉んでいると僕はもっと眠たくなった。おじいちゃんは満足すると「ありがとう、たくちゃん、あー気持ちよかった。」嬉しそうに言った。僕もなんだか嬉しくなった。

「ぼくもう寝るね…」言おうと思ったら、次はパパに「たくちゃん、お水持ってきてくれないか?」と頼まれた。僕は「いいよ。パパ、お酒飲みすぎないようにね。」とお水を汲んで、パパに渡した。

パパはお水を受け取ると「ありがとう」と僕の頭をなでてくれた。僕はとびきりいい気分になった。頭を撫でられたのが気持ちよかったからか、ぼくはとても眠たくなった。

もうほんとに眠かった僕はウトウトしながら「ぼくもう寝るね…」言おうと思ったら、今度は犬のジョンが(ねぇねぇ遊んで遊んで!)としっぽをフリフリボールを持ってきた。

僕は「いいよ。今日あんまり遊んであげてないもんね。」とジョンにボールを投げてやった。ジョンは嬉しそうにボールを取りに行く。僕が投げる。ジョンが取りに行く。投げる。取りに行く。投げる。取りに行く…

僕は眠くて眠くてもう半分夢の中にいた。気を抜いたらすぐにでも夢の中へ旅立てる。ジョンは満足すると(ありがとう)と僕にスリスリして自分のベッドで丸くなった。ジョンはフワフワで最高に気持ちが良かった。

これでようやく僕も眠れるぞ。もう限界だ。そう思ってベッドに入ろうとしたら、ママが部屋に入ってきた。「たくちゃん、お願いがあるんだけど…。」僕は「もう眠いんだ。ぼくもう寝るね。」と断った。

するとママはベッドに腰掛けて「たくちゃんえらかったねってギューしたかったんだけど…だめかしら?」僕はちょっと恥ずかしかったけど、「いいよ。最後にお願い聞いてあげる。」とママをギューっと抱きしめた。

ママの匂いをかいだら、なんだかもっと眠たくなった。「おやすみなさい」そう言ってゆっくり目を閉じた僕は、あっという間に夢の中へと旅立った。

 

おしまい

 

>>動画はこちら<<

 

この動画を友達にもシェアしよう!

この動画が気に入ったら「いいね!」しよう