チャンネル登録:

お話・読み聞かせ , , , ,

【絵本 読み聞かせ】ジャック オー ランタン/ハロウィンで有名なカボチャのランタン始まりのお話

2019-9-18

あらすじ…

かぼちゃで作ったジャック・オー・ランタン。どうしてかぼちゃのランタンが生まれたのか、その始まりのお話。

ずる賢い男ジャックは、言葉巧みに悪魔を騙して、何度も命拾いします。ついに寿命まで生き延びたジャックが、天国へ行こうとすると…。
悪いことをすると必ず自分に返ってくると学べます。

 

ジャック オー ランタン

 

昔々、お酒ばかり飲んでいるジャックという男がいました。ジャックはなまけ者で、うそばかりつくずる賢い男でした。

あるハロウィンの日、ジャックがいつものようにお酒を飲んでいると、人間の世界に来ていた悪魔と出会いました。 ジャックは沢山お酒を飲みすぎて、お金が足りなかったところだったので「これはちょうどいい」と、酒代を出してくれと悪魔にお願いしました。

悪魔が断ると、「酒代を出してくれたら俺の『魂』をやるよ。そのかわりに最後に1杯飲ませてくれ。」そう悪魔に約束をしました。 「それならいいだろう」悪魔はコインに化けると、酒代を払おうとしました。

けれどもずる賢いジャックは、悪魔の苦手な十字架でコインを押さえつけると、元に戻れないようにお財布にしまってしまいました。 元の姿に戻れず困った悪魔はこれから10年間、ジャックの魂を取りに来ないと約束しました。

それから10年後、ジャックが田舎道をフラフラと歩いていると、またあの悪魔に出会いました。 約束の10年が経ったのでジャックの魂を取りに来たのです。 ジャックはため息を付きました。

「そうかわかった。でも最後にどうしても大好きなりんごが食べたいんだ。この木に登って取ってきてくれないか?」悪魔はジャックの悲しそうな顔を見て、最後の願いを叶えてやりたくなりました。「よし、りんごをとってきてやろう。」

木に登った悪魔はジャックに一つりんごを渡しました。するとジャックは、持っていたナイフで木に十字架を刻み込んでしまったのです。十字架が苦手な悪魔は、そのまま木から下りられなくなってしまいました。 困った悪魔は、この先二度とジャックの魂をとらないと約束しました。

それから何年も経ちました。ジャックはおじいさんになり、ついに死んでしまいました。「これからは天国でのんびりするか。」ジャックは天国へ行きましたが、悪いことばかりしていたので天国の門をあけてもらえませんでした。

「それじゃぁ仕方ない…」ジャックはとぼとぼと地獄へ行きました。地獄につくと、あの悪魔に会いました。 「悪いがお前の魂をとることはできないんだ。約束だからな。」悪魔はジャックとの約束をおぼえていたのです。

ジャックは地獄へも入れてもらえなくなりました。 「じゃぁいったい俺はどこにいけばいいんだ?」困ったジャックが悪魔に聞くと「もといたところに帰るんだな。」と、悪魔はこたえました。

その夜は真っ暗で風がとても強い日でした。寂しく不安だったジャックは、最後に悪魔に光をくれないかとお願いしました。すると悪魔はジャックに地獄の炎をくれました。

炎が風で消えないように、ジャックは大好物のカブをくりぬくとその中に炎をいれました。 ジャックは、カブのランタンを手に持つと、この世とあの世を行ったり来たり…今もこれからも永遠にさまよいつづけているのです。

おしまい

 

>>動画はこちら<<

 

この動画を友達にもシェアしよう!

この動画が気に入ったら「いいね!」しよう