チャンネル登録:

お話・読み聞かせ , , , ,

【絵本読み聞かせ】楽しい買い物(たのしいかいもの)/童話・日本昔話・紙芝居・絵本の読み聞かせ朗読動画シリーズ【おはなしランド】

2019-6-26

あらすじ…

お店で買い物をすることで、たくさんの楽しいを体験する女の子のお話です。

人見知りのかのんちゃんは、いつもインターネットで服を選んでいました。でも失敗することもあったので、直接お店へ行ってみることに。実際にお店へ行くと、可愛い店内や優しい店員さんに人見知りはすっかりなおり…。

人と接することの楽しさを学べます。

 

楽しい買い物(たのしいかいもの)

 

新しい季節。かのんちゃんは去年着ていた長袖をひっぱり出してきました。久しぶりに着てみると、どれもみんな小さくなっていたので、新しい服を買うことになりました。

いつもはママがパソコンを開いて「ここから選びなさい」と画面に映っている中から服を選んで買っていたかのんちゃん。でもサイズが合わなかったり、色が思っていたのと違ったり、なかなか気にいるものが買えませんでした。そこで、ママはかのんちゃんを連れて子供服のお店に行くことにしました。

人見知りのかのんちゃんは、「お店に買いに行くのやだなー…」うつむきながらママに付いていきました。お店に着くと、壁にお花が描いてあったり、電車が描いてあったり、天井には飛行機やちょうちょが飛んでいました。

いつもと違う雰囲気に、かのんちゃんは遊園地に来たときのようにワクワクと目が輝きました。いつもはパソコンの画面でしか見ていなかった洋服もたくさん種類があって、お店全部がキラキラと輝いて見えました。

ママと二人でウキウキとお店の中を見ていると「これ、今日入荷した新作なんですよー」ママが店員さんと楽しくお話をはじめました。「これ可愛いいなー…」一人になったかのんちゃんが可愛らしいうさぎのパーカーを見ていると「こんにちは!」別の店員さんが話しかけてきました。

「こ…こんにちは…」人見知りのかのんちゃんが小さく返事をすると、店員さんはにっこり笑って「可愛いリボンだね」と髪を結っていたリボンを褒めてくれました。うれしかったかのんちゃんも思わずニッコリ。店員さんは小さなかのんちゃんにも大人のお客さんのように接してくれました。

なんだか楽しくなってきたかのんちゃんは、自分の名前や保育園で流行っている遊び、夢のはなし…服を見ながら一緒にいろんな話をしました。店員さんはどの話もキラキラの笑顔で楽しそうに聞いてくれました。いつのまにかかのんちゃんは人見知りなことをすっかり忘れていました。

店員さんと一緒に、気になった服を試着したりしながらピッタリの服を選びました。お会計を済ませてお礼を言うと「また来てね!」仲良くなった店員さんはかのんちゃんが見えなくなるまで、ブンブンと手を振ってくれました。楽しかったかのんちゃんは、時々この子供服のお店に行くようになりました。

いつ遊びに行っても変わらない笑顔の店員さん。今ではママも仲良しです。かのんちゃんは店員さんにはなんでも話せました。ママと喧嘩したときにも店員さんにこっそり相談すると、店員さんはママと仲直りができるおまじないを教えてくれました。

好きな男の子ができたときも、服のアドバイスや可愛い髪型を教えてくれました。かのんちゃんにはきょうだいがいなかったので、いつのまにか店員さんがお姉ちゃんのような存在になっていました。お店に通うようになって、外に出る楽しさを初めて知りました。

お店に行く時、春はキレイなお花を探しながら向かいます。夏は帰りにかき氷を食べます。秋にはキレイな葉っぱを拾って、冬はママのポケットの中に手を入れて温まります。よく会うワンちゃんとは、もうすっかり仲良しです。いつの間にか人見知りはどこかへ消えてしまいました。

それからもう一つ、お店に通うようになって嬉しいことがありました。それは、「また少し背おっきくなったねー!」「あ!髪の毛切ったでしょ!可愛いー!」とお店に行くたびにかのんちゃんの成長を喜んでくれることです。かのんちゃんはそう言われたくて、お店に入る時はいつも少し背伸びをしました。

そんなかのんちゃんを見ていたママは、インターネットでの買い物も便利だけど、いろんな人と出会うこと、家族ではない誰かと一緒にかのんちゃんの成長を喜ぶことも良いものだと思いました。かのんちゃんも、家族ともお友達とも違う特別なおねえさんができたこと、外に出る沢山の楽しさを知って、お買い物っていいなと思いました。

おしまい

 

>>動画はこちら<<

 

この動画を友達にもシェアしよう!

この動画が気に入ったら「いいね!」しよう