チャンネル登録:

お話・読み聞かせ , , , ,

【絵本読み聞かせ】小さなアルバム(ちいさなあるばむ)/童話・日本昔話・紙芝居・絵本の読み聞かせ朗読動画シリーズ【おはなしランド】

2019-4-8

あらすじ…

小さなアルバムに込められた、りこちゃんへのお父さんの愛情を描いたお話です。

仕事で忙しいお父さん、昔はよく遊んだのに、りこちゃんは何だかお父さんが苦手になっていました。しかし、りこちゃんの写真が詰まったアルバムをお父さんが大切に持ち歩いていることを知り、たくさんの事をお父さんが教えてくれたことを思い出します。
毎日忙しくても、お父さんはりこちゃんのことをいつも思ってくれていたのです。

何年経っても親の愛は変わらない事を教えてくれるお話です。

 

小さなアルバム(ちいさなあるばむ)

 

りこちゃんはパパのことが苦手でした。パパは仕事が忙しくてなかかなか会えないし、お休みの日はお昼まで寝てるし、お酒ばっかり飲んでるし。「パパー!」と小さい頃はよくじゃれていましたが、小学生になったころから、あまり遊ばなくなりました。

ある日、夜中にりこちゃんがトイレに起きるとパパがリビングの椅子でお酒を飲んだまま寝ていました。テーブルに手のひらくらいの本のようなものが見えたので、手に取ろうとすると「こらこら」とパパが起きて取り上げられてしまいました。「こんなところで寝てると風邪引くよ!」悔しかったりこちゃんは、ママのような口調でそう言うと、じぶんの部屋に戻りました。

次の日の夜、またトイレに起きると昨日と同じように、パパはリビングで寝ていました。りこちゃんは今度は気付かれないように、そーっとテーブルに置かれた本を手に取りました。

中をひらいたりこちゃんはびっくり。それは本ではなく、りこちゃんのアルバムでした。産まれた頃からの写真がぎっしり貼ってあります。りこちゃんがペラペラとめくっていると「こらこら!勝手にさわるなよー。」パパが慌てて起きました。

「これなーに?」りこちゃんが聞くと「りこのアルバム。いつでも見れるように、小さいアルバムを作って持ち歩いてるんだ。」パパはちょっぴり恥ずかしそうに教えてくれました。

それから二人でアルバムを見ました。「これはりこが産まれた日。ちっちゃくって可愛かったなー。」「これは初めてかぜをひいた日。」「これは初めて『パパ』って呼んでくれた日。」パパはどんな日でも特別な日にして写真を撮ってくれていました。

パパから聞く、自分の小さい頃の話しはなんだか特別な感じがしました。よく思い出してみると、逆上がりを教えてくれたのも、自転車を教えてくれたのも、秘密基地を作ってくれたのも全部パパでした。パパはいろんなことを教えてくれていました。

どんなに仕事が忙しくても、なかなか遊べなくても、パパはりこちゃんのことをいつだって思っていました。いつも忙しくて、パパは自分のことなんて見てくれていないと寂しい気持ちでいたりこちゃんは、アルバムをめくりながら、うれしくて思わず涙がこぼれそうになりました。

「こんどのお休み、一緒にあそぼう。」そうパパと約束をすると、りこちゃんは久しぶりにパパの布団で一緒に寝ました。

 

おしまい

 

>>動画はこちら<<

 

この動画を友達にもシェアしよう!

この動画が気に入ったら「いいね!」しよう