チャンネル登録:

お話・読み聞かせ , , , ,

【絵本読み聞かせ】天国のパパへ(てんごくのパパへ)/童話・日本昔話・紙芝居・絵本の読み聞かせ朗読動画シリーズ【おはなしランド】

2019-2-10

あらすじ…

小さいころにパパを亡くしたミクちゃんのお話です。

ミクちゃんは赤い自転車がほしいのですが、ママを困らせないように我慢していました。そこでミクちゃんは、天国のパパに手紙を書きポストに入れます。しばらくして、ミクちゃんは赤い自転車を買ってもらえます。それは、素敵な巡りあわせでママにミクちゃんの気持ちが伝わったからでした。ミクちゃんはパパが巡りあわせをもたらせてくれたのだと感じます。

大切な人はいつまでも自分のことを見守ってくれていると感じるお話です。

 

天国のパパへ(てんごくのパパへ)

 

もうすぐ小学生になるミクちゃんはママと二人暮らし。パパは小さい頃に死んでしまいました。ミクちゃんはパパを写真でしか見たことがないので、優しい笑顔のパパの写真は大切な宝物でした。

最近ミクちゃんにはどうしても欲しいものがありました。周りの子がみんな乗っている自転車です。ママと買い物に行った時、お店に赤いかわいい自転車が置いてるのを見つけると
「ママ!乗ってみたい!!」と何度も言おうとしましたが、ママを困らせることになるかもしれない…と、ミクちゃんは我慢しました。

何日たっても赤い自転車が忘れられなかったミクちゃんは、手紙を書くことにしました。『天国のパパへ。パパにお願いがあります。ミクは赤い自転車が欲しいです。ママはいつも大変そうです。だからミクは、わがまま言わないでお手伝いたくさんがんばります。もし、お空からみていてくれたら、ご褒美に赤い自転車をください。』封筒には『天国のパパへ。ミクより』と書いて、「神様がちゃんと、パパはこの人ってわかるように」と、宝物のパパの写真を裏に貼って、ポストに手紙を入れました。

しばらく経ってミクちゃんは小学校に入学しました。入学式の日、家に帰ると玄関にあの赤い自転車が置いてありました。「わー!!!パパからのプレゼントだ!!!ミクね、自転車が欲しいって、パパに手紙かいたの!!!」ミクちゃんは飛び跳ねて喜びました。

ママはミクちゃんを落ち着かせると「これ、宝物でしょ?」と手紙に貼ったはずの写真をミクちゃんに渡しました。「あれ?どうしてママがもってるの?」不思議そうにするミクちゃんにママは手紙を出してきました。

「このお手紙は住所が書かれていないから、郵便屋さんがね、天国まで配達できなかったの。でも、とても大事そうな手紙だったからミクに返してくれたのよ。丁度、写真が家の前で撮った写真だったから、郵便屋さんはすぐにミクが書いたってわかったんだって。」

すると「やっぱりパパがくれたんじゃん!」ミクちゃんは嬉しそうに言いました。ママが「え?」と首をかしげると、ミクちゃんは嬉しそうに言いました。「だってさ、赤い自転車を買ってくれたのはママだけど、親切な郵便屋さんがミクのことを探してくれなかったら、自転車はもらえなかったでしょ。だからやっぱり、天国のパパがミクの願いを聞いてくれたんだよ!」

ミクちゃんはママをぎゅーっと抱きしめながら「ママ、パパ、ありがとう!」と言うと、さっそく自転車にまたがり、練習をはじめました。

 

おしまい

 

>>動画はこちら<<

 

この動画を友達にもシェアしよう!

この動画が気に入ったら「いいね!」しよう