チャンネル登録:

お話・読み聞かせ , , , ,

【涙腺崩壊】お爺ちゃんとお婆ちゃん(おじいちゃんとおばあちゃん)/感動する絵本の読み聞かせ朗読動画シリーズ【おはなしランド】

2019-1-13

あらすじ…

生まれる前に祖父母が死んでしまった、ケン君のお話です。

敬老の日の保育参観、周りの子たちは嬉しそうに祖父母と遊んでいるので、ケン君は寂しい思いをします。
寂しい思いをさせるおじいちゃんとおばあちゃんのことが、ケン君は嫌いでした。そんなケン君にお父さんは、おじいちゃんとおばあちゃんの話をし、二人がケン君に残したノートを見せます。
そのノートから、ケン君はおじいちゃんとおばあちゃんの愛情を知るのでした。

家族の愛情には様々な形があることを学べるお話です。

 

お爺ちゃんとお婆ちゃん(おじいちゃんとおばあちゃん)

 

ケン君にはおじいちゃんもおばあちゃんもいませんでした。ケン君が生まれる前に死んでしまったからです。
ある日、保育園で敬老の日の保育参観がありました。ケン君は、この敬老の日の保育参観が大嫌いでした。嬉しそうにおじいちゃんおばあちゃんと一緒に遊んでいるみんなの姿を見て、ケン君はいつも寂しい思いをしていました。だから、ケン君は寂し思いをさせる、死んでしまったおじいちゃんとおばあちゃんが大嫌いでした。

保育参観の日、お父さんが迎えに行くと、ケン君の元気がありません。お父さんはどうしてケン君の元気がないのか、ちゃーんとわかっていました。家に帰ると、「おじいちゃんとおばあちゃんの話をしようか」とケン君に話し始めました。ケン君は黙って聞いていました。

「お父さんは3兄弟の末っ子でとっても甘えん坊だったんだよ。おじちゃんとおばあちゃんは、二人共仕事をしながら育ててくれたんだ。でも、寂しい思いをさせないようにって、どんなに忙しくても、保育園の保育参観も、学校の授業参観も、仕事を休んで来てくれたんだよ。」

「いつもは時間がなくて遊んでもらえなかったけど、お休みの日は沢山遊んでもらったんだ。おじいちゃんはおもちゃを作るのが得意で、おばあちゃんは折り紙が得意だったんだ。」「お父さんとおんなじだ!」「そう。お父さんがケンに教えた、割り箸でっぽうも、かんぽっくりも、折り紙のコマも、全部おじいちゃんとおばあちゃんに教えてもらったんだ。」「そうなんだ…!」

「お父さんが結婚したころ、二人は病気になってしまったのは知ってるよな?二人は病気で元気がなくなっていたんだけど、ケンがお母さんのお腹にいるってわかった時は二人共おおさわぎして喜んでいたんだぞ〜。」

「それから、おじいちゃんとおばあちゃんは、ケンが産まれたら教えてやってくれって、いろいろなおもちゃの作り方や折り紙のおりかたをノートに書いてお父さんにくれたんだ。」そう言ってお父さんは、色あせた古いノートを引き出しから出してきました。

ページをめくると、そこには丁寧な文字と折り紙の折り方のイラストが描かれていました。何枚かページを進めると、今度は力強い文字と、ヘタッピな絵で、いろいろなおもちゃの作り方がびっしりと何ページも描いてありました。

ケン君は夢中でページをめくりました。「お父さんに教えてもらったものばっかりだ!」「そうだよ。ケンは産まれる前に、おじいちゃんとおばあちゃんから沢山愛をもらってるんだ。今は会えないから寂しい思いをするかもしれない。けど、おじいちゃんもおばあちゃんも、いつもケンを思っていることは忘れないでほしい。ケンもひらがなを読めるようになったから、自分でこのノートを見ながら、おもちゃを作ってみるといい。」ケン君はうなずきながら最後のページをめくりました。

最後のページには、ひらがなでこう書かれていました。『だいすきなまごへ。これは おじいちゃんとおばあちゃんから さいしょでさいごの ぷれぜんとです。 まいにちわらって げんきにおおきくなってね。 おじいちゃんおばあちゃん より』ケン君はたどたどしく読み終わると嬉しそうにノートをぎゅっと抱きしめました。

 

おしまい

 

>>動画はこちら<<

 

この動画を友達にもシェアしよう!

この動画が気に入ったら「いいね!」しよう