チャンネル登録:

お話・読み聞かせ , , , ,

【絵本読み聞かせ】もし「3匹の子豚(さんびきのこぶた)」が3匹ともレンガのいえをつくったら/童話・日本昔話・紙芝居・絵本の読み聞かせ朗読動画シリーズ【おはなしランド】

2018-11-30

あらすじ…

昔話「3びきの子ぶた」で「子ぶた」が3匹ともレンガの家を作ったらという視点から作られた物語です。

最初は一番上の子ぶたはわらの家、二番目の子ぶたは木の家を作ります。しかし、レンガの家を作った一番下の子ぶたが2匹の家を崩して、わらや木の家は弱いことを知らせます。レンガの家の頑丈さを知った子ぶたたちは、力を合わせてレンガの家を作り、オオカミを撃退しました。

この物語からは協力することの大切さを学ぶことができます。

 

もし「3匹の子豚(さんびきのこぶた)」が3匹ともレンガのいえをつくったら

 

むかしむかし、あるところに、お母さと三匹の子ぶたがすんでいました。
そのうちはとても貧乏だったので、お母さんは仕方なく子どもたちを、世の中に出すことにしました。まだなれない子ぶたたちは、三匹とも近くに家を作ることにしました。

一番上の子ぶたは手に入れたわらで、わらの家を作りました。
二番目の子ぶたは木の枝の束を見つけて、木の家を作りました。
そして、三番目の子ぶたが家を作る番になりました、その子ぶたはレンガで家を作っています。

一番目と二番目の子ぶたは、ひょいっとラクラク家を作ることができました。なんせわらや、木の枝は軽いので簡単に作ることができます。
それにくらべて、三番目の子ぶたは汗を流しながら重いレンガをせっせと運んでいます。そのようすをみていた、二匹の子ぶたは「なんだい、そんな重いものを運んで。僕たちみたいにすぐ作れるものにすればいいのに。バカだなぁ、はっはっは」と笑っています。

そうして、ようやくレンガの家が出来上がりました。
三番目の子ぶたは二匹の子ぶたの所へ行くと「ねぇ、レンガで丈夫な家を作ったほうがいいよ!この辺りは恐いオオカミが出るってママが言っていたよ。」
と二匹にレンガの家を作るようにすすめます。
それを聞いた二匹は「大丈夫だよ、オオカミなんて家に入ってきやしないさ。わらや、木の枝で十分。時間の無駄だよ」といって聞こうとはしません。

すると、三番目の子ぶたが勢いよく走り出しました。そして、わらで作った家と木の枝で作った家に、「ドーン!ドーン!」なんと!体当たりをするではありませんか!
わらでできた家と木の枝でできた家はバッサバッサ!と崩れてしまいました。

「ほらね、僕がぶつかっただけで崩れてしまうでしょ。オオカミは僕なんかよりずっと、ずーと強いんだから。僕も手伝うからみんなでレンガの家を作ろう!」
そうして三匹の子ぶたは力を合わせてそれぞれのレンガの家を作りました。

一番上の子ぶたの家にお腹をすかせたオオカミがやってきて、言いました。
「やあこんにちは、子ぶたさん。家に入れてくださいよ。」
子ぶたは答えました。「いやです」オオカミは、それを聞いて、言いました。
「何だと。それなら、こんな家、吹き飛ばしてやる!」
オオカミはすーっと息を吸い込むと、プゥーと一息ではきだしました。
すると、どうでしょう。レンガで作った家はびくともしません。

怒ったオオカミは二番目の子ぶたの家に走り出し、ドーンッと体当たり。
しかしレンガで作った家はびくともしません。
さらにこうふんした、オオカミは三番目の子ぶたの家にめがけてプゥー!ドーン!プゥー!ドーン‥。。
やはり、びくともしません。

オオカミはヘトヘトになってしまいました。
息を切らせながらオオカミが言いました。
「どうしてこんなにがんじょうな、家ばかり作れるんだい?!」

すると三匹の子ぶたは声をそろえて言いました。
「それは、みんなで力を合わせて協力して作ったからさ!」
「協力か‥‥。」とつぶやいたオオカミはトボトボと歩きだし、遠くに見えなくなりました。こうして二度とオオカミはこの家にはあらわれなかったとさ。

 

めでたしめでたし

 

>>動画はこちら<<

 

この動画を友達にもシェアしよう!

この動画が気に入ったら「いいね!」しよう